古い情報は書かない事

SEO対策としてふさわしくない記事は書かない

インターネットで情報を発信する場合にはいくつかのパターンがありますが、ホームページなどで記事を書いて情報を発信する人は少なくありません。どのような記事を書くかといえば、一つはSEO対策を考えた記事になります。もちろんジャンルは自分自身が書きたい内容がふさわしいですが、SEOを無視してしまうような内容は好ましいとは言えないでしょう。 例えば、古い情報などがこれにあたります。昔の情報は、SEO対策としても有効とは言えません。よくある内容としては、芸能人のうわさ話などがありますが芸能人の噂話は新しければ新しいほど多くの人が閲覧するでしょう。しかし、半年前や1年前の情報を掲載したとしてもすでにSEOとしてはキーワードに引っ掛からないことすらあります。

人が求めている情報を書く

せっかくホームページを作ったならば、自己満足で終わらすのではなく世の人の役に立つ内容を書くべきです。ではどのような情報が役に立つ情報かといえば、一つは最新の情報になります。それこそ、人々が知りたがっているのにほかのホームページやブログなどを見ても掲載されていない情報などは役に立つ情報と言えます。 逆に、古い情報の場合にはわざわざ知りたがっている人はいません。あるいは、昔の情報も載せたとしてもすでにほかの人がその内容の記事を作成している可能性の方が高いですのでわざわざ文章を書く必要もなくなるでしょう。このように考えれば、ホームページの文書を書くときは常に新しい情報を探したり、まだ掲載されていないような人々が知りたがっている内容のものを書いていくのがベストになります。

見やすく、内容がわかりやすいホームページを作りたいときは、ホームページ作成の実績が豊富なプロに頼むと安心です