目次を分かりやすい位置に付ける

目次を付ける、その訳は?

生活インフラとしても切り離せないインターネット。多くの人が日常的にwebページから探したい情報を得るために検索を行います。そこで、webページにおける目次の重要性について考えてみましょう。本来、目次は書籍等に書かれている内容を検索しやすくしたものと言えます。それによって目次だけで斜め読みも可能になり、概要が掴みやすくなっていますね。また、必要な箇所から読み始めたり情報を抜粋することにより時間の短縮にもつながります。 webページ上ではリンクを使って、目次から目的のタイトルまで瞬時に移動が可能ですが、あらためてスクロール操作を行わなくても良いというのは、とても便利な機能ですね。そんな目次が分かりずらい位置にあったり、記事に埋もれているとしたらもったいないですよね。

分かりやすい位置って、どこだ?

リンクをはることで見出し移動は可能になりますが、画像や広告などwebページの中には情報がたくさん詰まっていることもあることから、概ね記事の冒頭に、タイトル、画像、導入文、次いで目次の順に設置出来れば良いでしょう。インターネットを利用される方の中には、高齢者や視力の弱い方、文字を読むことが大変な方もいます。音声読み上げソフトを用いて、webページを読み上げることにより内容を把握しやすくすることができ、閲覧を短時間で、また目次だけの読み上げでも全体像を掴む役割があります。 こういったことからも記事冒頭から読み上げを開始することが可能になりますし、目次の分かりやすい位置は書籍同様冒頭であることが望ましいと思います。

HP作成はコストをかけても専門家に頼んだほうが良い理由があります。スマホに対応したデザインや、SEO対策など、専門的な知識を持って効果の上がるHPが手間をかけずに作れるからです。